歴史を学ぶ五月人形

華やかな女の子の節句も終わり、いよいよ男の子の節句の番です。

お雛様と違い力強さが頼もしい五月人形!

そろそろ店に並びました。

五月人形と一言でいっても、兜か鎧兜かが悩みどころです。

五月人形の兜なら平安大新さんがおすすめ

ドン!と兜を飾ろうと思うと大きさにこだわり兜を選びますが、いや~全身がないと!と言うと鎧兜になります。

男の子ですから、強くたくましく育ってほしいとの願いを込めるわけですから、人形にも思いを託しながらの選定は、案外考えてしまうものです。

そんなこんなで仮に鎧兜を選んだと致しましょう。

今度は鎧の色で迷うんです。

大将の象徴の色があるそうです。

もう担当者を一人確保して、隅々まで説明付じゃないとわからないことがたくさんあるのです。

しきたりや意味など日本には風習もあるわけですからね。

兜の角の形、真ん中の飾り(竜がほとんど)の宝飾の種類などすごいんです!

武将の世界は奥が深いです。

ナンテ実感してしまいます。

両脇に置く刀、弓太刀。

本物さながらです。

日本の伝統文化、大切に末永く守り伝えていかなければと感じる人形選びです。

Comments are closed.