お金を借りるのはこわい

私はお金を借りるという行為が苦手である。

なのでお金を借りた記憶はほとんどない。

お金を借りた記憶があるのは、学生時代財布を忘れたことにバス停で気づいた時にお金を友達に貸してもらった程度だと思う。

それも翌日にはしっかり返した。

 

物の貸し借りはよくするが、お金はしない。

借りもしないが極力貸したくもない。

お金でもめたくないからだ。

 

お金を貸してと友達に頼まれた時、100円程度であればすぐに貸してはあげられる金額だ。

なので嫌だと断ることができず貸してあげる。

しかしその程度の金額ならば友達も忘れてしまうようで返ってこないことも多い。

別にいいのだが、なぜか寂しい気持ちにもなってしまう。

お金が返ってこないのがさみしいのではなく、ルーズな友達にショックを受けるのかもしれない。

 

私が絶対に借りたものは返すタイプであるし、特に信用がないと貸してもらえないお金についてはしっかりしたいタイプだからだと思う。

お金で人間関係を崩してしまうのは本当にもったいないのでこれからもお金の貸し借りはあまりしたくはない。

 

消費者金融
お金を借りる方のために、カードローンに関する注意情報やカードローン会社一覧について紹介します。

Comments are closed.