初めて出す喪中はがき

毎年、冬になると、グレーの地味なハガキが必ず何枚か届きます。

そう、喪中はがきですね。

年々来る枚数が増えるような気がしていますが、考えたら自分ももうそういう年齢になってきているということですよね。

お悔やみに出かける機会も多くなりましたし。

さて、今年は、これを初めて自分が出すということになりました。

今年、親が亡くなったからです。

いつも何気なく他人のハガキは見ていましたが、いったいいつごろ出せばいいのかしら、とか、文面はどういうのがいいのかしら、とか、考えています。

友人からきた喪中のお知らせで、どなたが亡くなったのか書いていない場合もあります。

でもそれでは一体どう言葉をかけていいものかも分かりませんし、ちょっと困りますよね。

ですからいついつに誰が亡くなりました、という内容は入れるべきですね。

でも、うちの場合ちょっと困るのが、今年、私の母と主人の父があいついで亡くなったものですから、そういった場合はどういう風に書くべきなのか、誰かに教えていただきたいと思っているのです。

 

スポンサードリンク
喪中はがき 翌日仕上げ

Comments are closed.