希望する挿入時間の分数

挿入から射精までの時間が「短い」男性の症状を早漏と言いますが、「短い」「長い」の感覚は人それぞれであるため、早漏と思っていた方が実はそうでも無かった場合や、逆に本人は意識していなかったものの女性から見ると早漏と思われているケースもあります。

とある女性を対象とした「希望する挿入時間の分数」というアンケートがあり、その中でもっとも多くの女性が希望しているのは10〜20分となっています。

この比率は全体の42%ということですから、この「20分くらいまで」という時間が女性の好む挿入時間であると考えても良いかもしれません。

「短いと思っていたが10分は間違いなくもつ」と思った方は安心してください。

挿入時間に関しては決して早漏とは言えない耐久力をアナタは持っています。

「挿れてから10分持つのは稀」という方は、やはり早漏のカテゴリーに入るかもしれません。

何らかの対策を取る必要があります。

ただ一つ忘れて欲しくない点として、女性は挿入時間だけではなくセックス全体にかける時間についても敏感です。

同じ10分の挿入時間でも前戯にかける時間が長いのと短いのとでは満足度も大いに変わってきます。

射精することで満足してしまう男性のセックスとそうではない女性のエクスタシー構造の違いも頭に入れて、パートナーと触れ合いたいものです。

Comments are closed.