ベルトの穴あけ方法

ベルトを購入したのはいいけれど、自分には長い、もしくは短くてベルトの穴が足りないという事もあるでしょう。

サイズが合うベルトを購入するのが一番いいのですが、どうしてもお気に入りのデザインなどの時には仕方ありません。

サイズがないからといって諦めるのではなく、ベルトの穴は自分で開ける事もできますので、ぜひ挑戦してみてください。

簡単に穴を開けるには、きりで開けてしまいましょう。

素材によっては硬くてなかなか穴が開かない時もあるでしょうが、時間をかければ穴は必ず開きます。

でも、きりで開けるとどうしても穴がキレイには開きません。

キレイな穴にしたいなら、専用の穴開けを購入してください。

100円ショップなどでも売っている可能性がありますので、一度チェックしてみてください。

ベルトの専門店などでは、穴を開けてくれるサービスをしている事もあります。

自分でやるより、プロにやってもらう方がキレイですから、サービスがある場合はお願いしてみてもいいですね。

くれぐれも怪我をしないようにしてください。

特にきりを使う場合は、穴が開かないからと思いっきりやっている間に、穴が開いて指を怪我する・・という事が起こりやすいです。

自分に合ったベルトにするためにひと手間、頑張ってみてください。

Comments are closed.