手術って痛くないのかな?

巻き爪のことなら

巻き爪は時には手術が必要になることがあります。

症状によって手術方法は異なりますが、どのような手術が行われているのでしょうか?

軽度の巻き爪の場合には内服薬や塗り薬でまずは炎症を抑える治療を行うのが一般的ですが、それでも繰り返し炎症を起こす場合には爪の部分的な切除が必要となります。

巻き込んで指に食い込んでいる部分だけを切除する方法なので、それほど時間はかかりません。

麻酔を使用しているので手術中の痛みもなく、術後もそれほどひどい痛みは少ないようです。

部分的に切除することで炎症部分は完治しますので、自然と痛みはひいていきます。

ただしあくまでも応急処置のような形で部分的に切除しているため、次に爪が伸びてくる際にまた同じように巻き爪になってしまう可能性もあります。

再発させないためには巻き爪の予防をしっかり行うこと大切です。

重度の巻き爪の場合は、爪を全部切除する方法のほか、ワイヤー法やフェノール法といわれる爪矯正を行います。

とくにフェノール法は通院することなく痛みも少ししか伴わないため、多くの医院で取り入れられている方法です。

要は腐食性の高いフェノールで爪を作る組織を壊してしまう方法です。

簡単な手術ではありますが、医師の技術次第で術後の経過が左右します。

腕の良い医師を選ぶことが大切になってくると思います。

Comments are closed.