年収の高い職業

・高年収はやっぱり魅力

仕事をするのには、生きがいとか社会貢献のためとかいう意味ももちろんあります。

しかしお金という要素はやはり外せない要素でしょう。

衣食住という生活を維持するためにも、お金はどうしても必要です。

そしてより良い暮らしをするのなら、高年収の仕事をした方がいいということになります。

高年収の仕事というと、医者やパイロットが思い浮かびますね。

しかし成功すればそれらと同程度かそれ以上に稼ぐ可能性を持っている仕事も存在しています。

その一つが開業税理士です。

・税理士の年収

税理士は国家資格でもあります。

もしかしたら税理士という肩書きがあれば高年収が約束されていると思っている人もいるかもしれません。

しかし弁護士にも同じことがいえますが、税理士になったからといって高年収を必ず得ることができるわけではないのです。

税理士の年収の幅は広く、300万以下という民間の平均年収を下回っている人もかなりいます。

その一方で、2000万3000万と稼ぐような税理士がいるのも事実です。

税理士には社員税理士・補助税理士・開業税理士があります。

社員税理士は年収500万〜1000万程度で、補助税理士は500万以上を稼いでいる人もいますが民間の平均年収を下回っている人もいます。

これは勤務税理士として事務所に雇われる立場となります。

大きく稼げる可能性を秘めているのは開業税理士です。

一流の事務所に成長させれば勤務税理士の何倍もの収入を稼ぐことができます。

ただ、軌道に乗らなければ300万を下回るということも有り得ます。

廃業の危険性も考えなくてはいけません。

勤務税理士で安定を得るか、開業税理士で富裕層を狙うかというのは税理士の多くが直面する選択となります。

税理士 東京 節税

Comments are closed.