せどりって儲かるの?

せどり。ご存知でしょうか。
インターネットでのお小遣い稼ぎの際には大抵紹介されるものですが、実際せどりは儲かるものなのか。
これは力量次第という事になるのですが、儲けている人はごく一部とも言われています。

なぜなら、せどりがあまりにも有名になりすぎた点が挙げられます。
インターネット創成期であれば、まだまだそのような概念が定着していなかった事もあり、せどりは儲かるものとして定着していました。

ですがこれだけ様々な情報が氾濫していると、せどりを行う人が増えており、買う人よりも売る人の方が多い、いわば「供給過多」となってしまっているのです。

経済学的に言えばデフレのような状況となってしまっていますので、せどりで儲けるのはなかなか難しいと言われています。
参考書のようにレアなものであれば上手く買取ってもらう事で利益を出す事が出来るかもしれません。
ですがそれはあくまでも単発です。

更には参考書があれば良いのですが、必ずしも高額で買取ってもらえる参考書があるとは限りません。
せどりの作業そのものが面白い、あるいは自分自身の目利きがどれくらいのものなのかを試しているだけというのであれば良いかもしれません。

ですが利益を狙うとなると、なかなか思うようには行かないとされています。
また、せどりそのものが有名になりすぎてしまったがために、インターネット上での古本の出品者に対して嫌悪感を示している人が増えているとも言われています。

「読み終えたものではなく、古本屋でせどりのために購入したものなのではないか」と思ってしまう人が案外多いようです。
「せどりの人の利益に寄与するのは嫌だ」といった思いから、多少高くとも古本屋で購入したり、書店で新品として購入する人もいると言われています。

せどりそのものは良いアイディアではあるのですが、些か有名になりすぎてしまったがために、ライバルの多さやイメージの問題等、いろいろな問題がつきまとっているようです。

 

参考書買取専門店 全国送料無料で高価買取!

Comments are closed.