病院までの移動手段

介護タクシーは色々な場面で介護が必要な人の移動手段として使用されるものですが、一番利用が多いのがやはり病院への送迎です。
病院へ定期的に通って治療している人はとても多いですね。

週に1回、月に1回・・週に2回などという通院ペースとなっている人もいますが、病院へ行くときに苦労していませんか。
病院へ通うのにも移動手段が充実していないと一苦労となってしまいます。

体に自由が利かない要介護者を誰が介助して運ぶことになるでしょうか?
当然家族が持ち上げたりしながら車に乗り込ませ、病院に着いたらまた車椅子・・などと病院へ行くのだけでも重労働です。

介護者だけでもなく、要介護者の体に対してもとても負担がかかることなので、できれば家から楽に病院へ通えたら・・と思うでしょう。
それをかなえてくれたのが介護タクシーです。

練馬民間救急、軽自動車介護タクシー

介護タクシーであれば楽に送迎できるどころか、病院内の介助までも参加してくれるようなところもたくさんあります。
もし介護者がいなくて一人で通院しなくてはならない・・なんてときも介護タクシーで送迎をしてもらい、院内でも介助をしてもらうことができれば楽ですよね。

一人ではどうしようもないことも、家族以外で介助してくれる人がいると心強いです。

やはり介護疲れというのは深刻な問題で、介護者にだけ全て負担がかかっていては疲れがきてしまいます。
介護は頑張れば頑張るほどに崩れやすいともいわれますので、ある程度自分にも余裕を持って介護をしていきましょう。

せっかく介護を頑張っていても、自分自身が滅入ってしまっては意味がありませんね。
要介護者も介護者もお互いに快適に過ごせるように色々と工夫をしていけるといいでしょう。
タクシーの利用も時には考えてみてくださいね。

Comments are closed.